レッスンレポート

レッスンレポート〜音楽で食っていきたい人がYoutubeを使う理由〜

先日「Youtubeって無料で見れるから、お金もらえないよね?どうしてそれなのにみんなYoutubeで演奏をUPするの?」という質問をあるキッズから頂きました。

こういうことって本当は学校が教えるべきだと思うのですが、学校は「お金」や「集客」の授業はしてくれない(出来ない)ので、僕が時々時間を使って教えています。

とは言っても僕が教えているのはあくまで「お金の基礎知識」で、「稼ぎ方」ではないですが。。

 

そんなこんなで僕のこの質問に対する返答は、

まずYoutubeには「広告費」というマネタイズがあること。

たくさん見てもらえるチャンネルには、たくさんの視聴者(お客さん)がいるわけで、

一方、色んな企業さんは、なるべく人数の多いところで自社の製品を宣伝したいと考えます。

そこで企業さんは視聴者の多いチャンネル内で自社の製品を宣伝してもらう代わりに、Youtube出演者は企業から「広告費」としてお金をもらうわけですね。

 

ただ当然ですが、この「広告費」でマネタイズするためには、多くの視聴者を集めることが必要です。

だからみんな口を揃えて「チャンネル登録者数」や「視聴回数」を意識しているわけですね。

ここまでは、大人の方は大丈夫ですね(よね?w)

 

ここからが本題なのですが、

最近は「広告費」を意識せずにYoutubeに自分の演奏をUPする人が増えてきています。

その思惑は、

「後日オフラインで自分の演奏を買ってもらうこと」です。

Youtubeを「チラシ」として使っているわけですね。

 

似ているようで全然違くて、

「広告費」でマネタイズする人は、Youtubeそのものでお金を稼いでいます。

Youtubeを「チラシ」として使う人は、Yotuubeを見た人に「お、いつかこの人の演奏を生で聴いてみたいな」と思わせて、後日、生演奏でマネタイズする。

 

これも立派なYoutubeの使い方です。

ちなみにジョイは後者で、ジョイのYoutubeをみた人が「ここの音楽教室行ってみたいな」と思ってもらえるように作っています。

 

レッスン予約はこちら⬇

Print Friendly, PDF & Email
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。